人気店を作るための秘訣とは

人気店を作るための情報サイト

人気店にするための条件とは?

まずは自分のお店を持つ前に、必ず行ってもらいたい3C分析について説明します。
顧客(Customer)・競合(Competitor)・自社(Company)の頭文字をとって3C分析といわれていて、3者の関係性や情報を洗い出すことが目的となります。
考える順番は様々あり、必ずしもこの手順で行うといった決まりはありませんが、まずは『競合他店』の分析からスタートするのがオススメです。
例えばハンバーガー屋を出店したいと考えているのであれば、その街で既に人気のあるハンバーガー屋をリストアップします。
イメージが自店とバッティングするかしないか、大手企業か個人経営かといった点には関わらず、お客様が入っているお店は分析する必要があります。
そして味、ドリンクやサイドメニュー、接客や営業時間、立地の良し悪しなど、様々な観点において強みと弱みをリストアップしていくのですが、特に弱みの分析は重要となります。
他店のウィークポイントは市場においてニッチな点であり、自店が繁盛店になるチャンスを持つ部分となり得ます。
次に『自店』について分析します。
先ほど説明した『競合他店』の分析から、自店の勝算を分析します。
そうすると、自店のアイデンティティとはなにか、また自ずと目指すべきベクトルが見えてくるのではないでしょうか。
例えばどこより安い、どこより提供スピードが速い、高級食材で作った一番高価なハンバーガー、地区唯一のオーガニックハンバーガーなど、自店のオリジナリティーは様々。
次に『市場・顧客』を分析します。
『他店』、『自店』を分析した事で、自ずとターゲットとすべき客層が見えてきたかと思います。
例えば「オーガニックハンバーガー」でいくのであればターゲットは女性ですので、インテリアや商品の見せ方等も女性に向けたものにする必要があります。
そのように、お店を始めるにあたり3C分析はまず最初に行う必須工程であるといえます。

↑ページの先頭へ