人気店を作るための情報サイト

お店を始める前に、3C分析を行おう

人気店にする秘訣とは

人気店を作る第一条件は、お店のアイデンティティを周知させられているかどうかという点です。
マーケティング用語で、ブランドアイデンティティという言葉が存在しますが、お店作りにおいてもアイデンティティを構築できるか否かは重要なポイントになります。
ではまずブランドアイデンティティとはなんなのでしょうか。
ブランドの個性や特徴を明確に提示し、全消費者がブランドに対して共通のイメージを持てるようにブランディングを行う事、または消費者に認識させるべきブランドの強みやビジョンのイメージ全体の事を指します。
お店作りにおいて置き換えるのであれば、要はなにをお店の売りにするか、どんなお店の特色を創造できるかという事になります。
お店のアイデンティティとなるアイディアは様々ですが、最も効果的かつ単純に行えるのはお店の看板メニューや看板商品を作る事。
まずは自店の看板商品を何にするか、という点から考えてみましょう。

看板商品の考え方とは

『この店=〇〇』といった売り込みがうまくできれば、お店の立ち位置が明確なものとなります。
消費者がその商品を求める際には「どのお店にいけば良いのだろう」と考えますので、消費者が購買意欲を感じた際に自店をイメージしてくれる状況を目指し看板商品を創造します。
では本題の看板商品の考え方についてですが、まずターゲット層に訴求できるものでなくてはなりませんので、ターゲット層が好みそうなものはなにかを考えて導いていきましょう。
また看板商品は「客寄せ」商品ですので、粗利率は除外視したコスパの高い『価値のある』商品でなくてはなりません。
いかにターゲット層が欲するもので、かつ満足度を獲得できるものであるかを念頭に置き検討していきます。
そしてネット社会である現代においてはSNSによるバズ・プロモーションも考慮したいところ。
そういった第三者による拡散力を得る上でも看板商品というのは大変重要なものであるといえます。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ